無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
CSS nite in 京都

 2009/5/16(土)、CSS nite in KYOTO へ参加してきました。意外にも京都では初めての開催なんですね、今回は京都の味が出てて通常とは違った参加型のセッションとなり、参加された皆さんとともに、なかなかいい一日を過ごしました。

場所は、烏丸御池にあるち ちおん舎、このサイトにある写真はどれもキレイですね、実際にはもっと歴史を感じさせる趣がありました。ちょっと気温は低めでしたが、ドア(というか引き戸ですよね)を全て開放し、みんな畳の上に座って、という変わったスタイルでの CSS nite、その内容も一風変わってました。

参加者は講師の話を聞くだけ、ではなく、グループ単位でブレインストーミングや KJ法を使い、与えられたテーマの成果を出すっていうものでした。なんか、新人研修みたいな感じでしたね。

社会人一年生の新人研修のとき、NASA のコンセンサス・ゲームというのをやりました。月で遭難した時に持っていくものに優先順位をつける、というものでした。懐かしいなあ、もう 20年以上前のことですね。こちら のサイトで紹介されています。KJ法も随分前にしましたね、もう15年は前かなあ、今でもこうして使えるものなんですよね、すごいです。

ただ、こういうグループで何かを決める時って、少数意見ってなかなか採用されないことがありますね。だからこそ SOHO で仕事するっていう人もいるんじゃないかなあ、CSS nite ってそういう人のほうが多いんちゃう? って思うんですけど、今回のセッションは、それなりにまとまってましたね。ちょっとお遊び的なところがあったからでしょうか。

ちなみに、お題は 「京都を世界にアピールするコンテンツアイディア」 でした。

続けて、鷹野さんによる 「英語の勉強のコツ」。いきなり 「日本のロック史における RCサクセションの影響」 みたいな内容に変更します、と言った時は大拍手でしたが、まあ、一応それは前ふりだけで、本当に 「英語」 のお話でした。

t と d は、ラリルレロになる。water(ワラ)、get up(ゲラップ)、What do you 〜?(ワルユー)、みたいに。とにかく文法はでたらめでも、聞く、話す、書く、読むこと。私もサンノゼ(San Jose)やシドニーにそれぞれ 3週間出張したことがありますが、最後の一週間はもう耳が英語になっちゃいますよね。毎日合ってる人なら、話すフレーズが同じで覚えちゃいますからね。

鷹野さんもおっしゃってましたが、英語はリズムで話すですね、なんか大阪弁に通じるところがあります。ちょっと古いですが、「きょうみみにちよう」 (今日、耳、日曜) をリズムよく言える人は、本物の大阪人です。

それはさておき、京都での第二回目が楽しみですね。すでに、今年の秋開催を企画している模様です。

| cweb | セミナーと交流とお酒 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
2009/05/23 6:52 AM posted by: CSS Nite公式サイト
2009年5月16日、ちおん舎(京都・烏丸御池) にてCSS Nite in K...